香典袋の表と裏

香典袋の中にお金を入れますが、この金額についてはどこに書くのか…、
書く場所についていろいろいわれています。

中包みの表面に書くともいわれていますし、裏面に書くともいわれています。
これはどちらでも問題ありません。
香典袋によっては、すでに金額を書く欄が印刷されている物があります。
また最近では、そういった物がほとんどです。

そのため香典袋の印刷に従って金額を記入すれば、問題ありません。

地域によっては、お通夜やお葬式の時には表側は何も記入せず、白いままで、
裏に金額や差出人名を書きます。
地域によって決まりがある場合は、それに従いましょう。

表に何も記入しないのであれば、
裏の右側に金額を、左側に住所や差出人名を書きます。

これまで地域によっていろいろ違いがあったことも、
時代ともに、一般的な書き方に変わってきていることもたくさんあります。
どのように書いていいのかわからない場合は、身近な人に相談をしてみましょう。

家族葬 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です