歯どうして変色するのか

歯の変色は、歯の内側からのものと外側からのものがあります。
歯の内側から黄色くなる原因の多くは経年によって変色することが原因です。
歯の半透明のエナメル質の内側に象牙質と呼ばれる黄色い層があります。
この内側を歯の神経と血管が通っています。
生えたての歯の象牙質は淡いクリーム色ですが、肌の老化と同じく新陳代謝により、段々とこの色が濃くなってきます。
また、エナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日の食事などで薄くなって、内側の象牙質の色が強くなります。
この二つの相互作用によって歯の色が黄色に変わってくるのです。
また、紫外線の影響によって歯の色が濃くなるケースもあります。
年齢とは関係なく歯の神経を取り除いたり、神経が死んでいる場合でも象牙質が茶色に変色していきます。
この原因は歯に栄養が行き渡らなくなったことで、一種の老化現象であると言えるでしょう。
よって、歯を白くすることは、アンチエイジングの一環でもあるのです。

ホワイトニングに効果のある歯磨き粉のランキングはコチラのサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です